AWSのELBにSSL証明書を設定するのは普通にブラウザからマネージメントコンソール画面でできますが、なぜか登録済みの証明書は削除できない…。ので、削除する方法メモ。

IAM Command Line Toolkit インストール

IAM Command Line Toolkitというツールを使って行います。

ダウンロード

IAM Command Line Toolkit : Developer Tools : Amazon Web Services

配置

$ unzip IAMCli.zip
$ mv IAMCli-1.5.0 ~/Applications/
$ cd ~/Applications/IAMCli-1.5.0
$ pwd
/Users/hoge/Applications/IAMCli-1.5.0

場所はどこでもいいんですが、とりあえずユーザディレクトリ以下のApplicationsに置いておきます。

X.509証明書のダウンロード

AWSのマネージメントコンソール画面の中にあるSecurity CredentialsからX.509証明書を発行&ダウンロードします。

IAM Management Console

ダウンロードした証明書&秘密鍵を、下記で設定する環境変数の EC2_CERT / EC2_PRIVATE_KEY の場所に配置します。

環境変数の設定

使用するために、環境変数をセットします(例はzsh)。

$ vi ~/.zshrc
export AWS_IAM_HOME=/Users/hoge/Applications/IAMCli-1.5.0
export PATH=$PATH:/Users/hoge/Applications/IAMCli-1.5.0/bin
export EC2_CERT=/Users/hoge/Applications/IAMCli-1.5.0/cert/cert/cert_hoge.pem
export EC2_PRIVATE_KEY=/Users/hoge/Applications/IAMCli-1.5.0/cert/cert/pk_hoge.pem
$ source ~/.zshrc

証明書の一覧

$ iam-servercertlistbypath
arn:aws:iam::123866398456:server-certificate/SSL2012
arn:aws:iam::123866398456:server-certificate/SSL2013

証明書の削除

$ iam-servercertdel -s SSL2012

ちなみに、デフォルトだと証明書は10個までしか登録できないらしい…(申請して拡張可能)。



blog comments powered by Disqus