HTMLをPDFに上手いこと変換してくれるwkhtmltopdfを日本語で使う ここで紹介したようにHTMLをPDFに変換するベストな選択肢はwkhtmltopdfですよと。そんでもって、それをCakePHPのViewに使いたいというわけで、便利なプラグインが会ったので紹介。

その名もceeram/CakePdf。使い方も簡単。いくつかのPDFエンジンに対応している。

対応PDFエンジン

  • DomPdf
  • Mpdf
  • Tcpdf
  • WkHtmlToPdf

もちろんオススメはWkHtmlToPdf。ただし、ライセンスの問題か、WkHtmlToPdfは内包していないので、別途手に入れる必要がある。まぁ、大した問題ではない。

逆に、DomPdfなどは最初からあるけど、使わないなら削除しちゃってもいいかも。ファイルサイズ大きいから。

URLに「.pdf」と付けるだけで、ViewをPDFにしてくれる

つまり、そういうことです。普段CakePHPで見ているページを、URLに「.pdf」とつけてアクセスするだけでPDFとしてダウンロードできちゃうわけです。

設定方法

GitHubに書かれているように、プラグインファイル本体をapp/Pluginディレクトリに配置する。

Config/routes.phpに

<?php
Router::parseExtensions('pdf');

と書いて拡張子PDFを有効にする。

Config/bootstrap.phpあたりに

<?php
CakePlugin::load('CakePdf', array('bootstrap' => true, 'routes' => true));

と記述する

同様にbootstrap.phpもしくは使用するコントローラに下記の設定を追記する。

<?php
Configure::write('CakePdf', array(
    'engine' => 'CakePdf.WkHtmlToPdf', // 使用するPDFエンジン
    'binary' => '/usr/local/bin/wkhtmltox/bin/wkhtmltopdf', // WkHtmlToPdfバイナリファイルのパス
    'options' => array(
        'print-media-type' => false,
        'outline' => true,
        'dpi' => 96
    ),
    'margin' => array(
        'bottom' => 5,
        'left' => 5,
        'right' => 5,
        'top' => 5
    ),
    'orientation' => 'portrait', // landscape(横)指定もできる
    'download' => true // 表示のみかダウンロードか
));

ダウンロードのファイル名を都度変更したい場合は

<?php
$this->pdfConfig = array(
    'filename' => 'ご請求書_' . $id
);

こんな感じで指定できる。

あとは、PDFにしたいURLの一番最後に「.pdf」と付ければ数秒でPDFがダウンロードされるはず。



blog comments powered by Disqus