yum install git でインストールできない場合

先日サーバにGitをインストールしようと思って yum install git とコマンドをうったら

$ yum install git
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
No package git available.
Nothing to do

そんなパッケージありませんよと(´・ω・`)

今はyumでインストールできないことはほとんどないと思いますが、古いサーバなんかの場合できないときがあったりします。というわけでよく使うEPELリポジトリを追加します。

ディストリビューションとかを調べる

EPELリポジトリを指定するのにどのディストリビューションなのか、などが必要なので調べておきます。ディストリビューションは

$ uname -a

もしくは

$ cat /proc/version

あとバージョンも必要でした。自分の場合はCentOSだったので、

$ cat /etc/redhat-release

あと32bitなのか64bitなのかも必要なので調べます。

$ getconf LONG_BIT

ちなみに自分のはCentOS 5.7 32bitですた。

EPELリポジトリをインストール

http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/

上記URLで先ほど調べて情報をもとにリンクをたどっていくと見つかります。見つかったらパッケージをwgetコマンドでダウンロードしてrpmコマンドでインストールします。

$ wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
$ rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm

これでインストールできます。

EPELリポジトリの設定

EPELリポジトリをインストールすると、/etc/yum.repos.d/epel.repoが作成されます。このファイルを開いて設定します。

[epel]
・・・
enabled=1
priority=1
・・・

を追加

これで毎回EPELリポジトリをみるようになります。

Gitのインストール

これではれてyumでgitがインストールできます。

yum install git

最初にインストールするときに、おそらく警告がでます。

警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 217521f6
epel/gpgkey | 1.7 kB     00:00    
Importing GPG key 0x217521F6 "Fedora EPEL " from /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

これはパッケージをインストールするときに、暗号化をするので、その復号用にキーをインストールするけどOKですか?というものです。

Feed

最新記事

開発フローを独自進化させ続けている開発チームの話

こんにちは CTO の [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 スクラム開発をしている開発チームが、開発フローを独自進化させていて、それが良い取り組みだったので紹介しようと思います。 #...

235650?v=4
zaru
2017年11月20日

退職者を招いたLTイベントを開催した

こんにちは、ベーシック CTO [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 ベーシック開発部では毎月月末の金曜日にTGIFと称して、 ~~飲み会 + アナログゲームなイベント~~ 技術 LT 大会...

235650?v=4
zaru
2017年10月12日

山形ラボ、TGIFはじめました

こんにちは。株式会社ベーシック山形ラボの長谷川です。 いろんなところで書いたりなんだりしてますが、弊社には山形に「山形ラボ」というリモート拠点がありまして、そこで4人のエンジニアが働いております。 今回は その山形ラボで、...

10917612?v=4
roki1801
2017年10月10日