UnityのiOSアプリで、frameworkをビルド時に自動追加する

UnityでiOSアプリを開発していくと、iOSのframeworkをビルド時に手動で導入しなくてはならずかなり面倒です、というわけでそれを解決するスクリプトを書いてくれている偉大な人がいるので紹介&メモ。

ちなみに、Pro版のライセンスだとBuildPipeline.BuildPlayerを使って一貫してC#で書けるみたい。でもPro版じゃないのでPostprocessBuildPlayerを使います。

ただし、Mac専用です。

Ruby gem xcodeproj をインストールする

今回使用するスクリプトはxcodeprojというgemライブラリが必要なので

$sudo gem install xcodeproj -v 0.3.0

とインストールしておきます。0.3.0じゃないとエラーになるのでバージョン指定しておきます。

スクリプトを配置する

Unityのプロジェクトディレクトに /Assets/Editor というディレクトリ作って下記スクリプトを配置します。

これで後はビルドするだけでOK。Xcodeに自動的にframeworkが追加されていると思います。

参考サイト

Feed

最新記事

開発フローを独自進化させ続けている開発チームの話

こんにちは CTO の [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 スクラム開発をしている開発チームが、開発フローを独自進化させていて、それが良い取り組みだったので紹介しようと思います。 #...

235650?v=4
zaru
2017年11月20日

退職者を招いたLTイベントを開催した

こんにちは、ベーシック CTO [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 ベーシック開発部では毎月月末の金曜日にTGIFと称して、 ~~飲み会 + アナログゲームなイベント~~ 技術 LT 大会...

235650?v=4
zaru
2017年10月12日

山形ラボ、TGIFはじめました

こんにちは。株式会社ベーシック山形ラボの長谷川です。 いろんなところで書いたりなんだりしてますが、弊社には山形に「山形ラボ」というリモート拠点がありまして、そこで4人のエンジニアが働いております。 今回は その山形ラボで、...

10917612?v=4
roki1801
2017年10月10日