AWS SQSをSDK ver1を使ってPHPから実行するサンプル

PHPでキューイングしたいなぁと思って、色々と調べていたらいくつか定番的なのがあった。まぁ、PHP関係ないのも含め。

けっこう手軽に導入できる。ただ今回は開発環境やコストから考えて、AWSのSQSを使ってキューイングすることにした。AWS安すぎるだろ…。

AWS SDK ver1からSQSを使う

諸事情有り、SDKはver1を使用している。

request.php


require_once ('Vendor/aws_sdk/sdk.class.php');
 
$sqs = new AmazonSQS();
$region = AmazonSQS::REGION_APAC_NE1;
$sqs->set_region($region);
$queueName = 'キュー名';
$queueURL = $sqs->create_queue($queueName)->body->CreateQueueResult->QueueUrl;
$data = $sqs->send_message($queueURL, '値' . time());
if ($data->isOK()) {
    echo 'OK';
}

receive.php


require_once('/Vendor/aws_sdk/sdk.class.php');
 
$sqs = new AmazonSQS();
$region = AmazonSQS::REGION_APAC_NE1;
$sqs->set_region($region);
$queueName = 'キュー名';
$queueURL = $sqs->create_queue($queueName)->body->CreateQueueResult->QueueUrl;
 
while (true) {
    $data = $sqs->receive_message($queueURL);
    if ($data->isOK()) {
        if (isset($data->body->ReceiveMessageResult->Message)) {
            $msgData = $data->body->ReceiveMessageResult->Message;
            $msg = $msgData->Body;
            echo $msg . "\n";
            
            // 削除
            $handle = (string)$msgData->ReceiptHandle;
            $sqs->delete_message($queueURL, $handle);
        } else {
            sleep(1);
        }
    } else {
        echo $data->body->Error->Message . "\n";
    }
}

receive.php を無限ループ状態にして、キューがあるか確認し、あればメッセージを受け取って、何らかの処理をするという感じ。なければ、1秒間寝かせる。

実際に運用をするには、プロセス管理ツールを使った方がいい。ここらへんはまた今度検証する。

Feed

最新記事

開発フローを独自進化させ続けている開発チームの話

こんにちは CTO の [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 スクラム開発をしている開発チームが、開発フローを独自進化させていて、それが良い取り組みだったので紹介しようと思います。 #...

235650?v=4
zaru
2017年11月20日

退職者を招いたLTイベントを開催した

こんにちは、ベーシック CTO [@zaru](https://twitter.com/zaru) です。 ベーシック開発部では毎月月末の金曜日にTGIFと称して、 ~~飲み会 + アナログゲームなイベント~~ 技術 LT 大会...

235650?v=4
zaru
2017年10月12日

山形ラボ、TGIFはじめました

こんにちは。株式会社ベーシック山形ラボの長谷川です。 いろんなところで書いたりなんだりしてますが、弊社には山形に「山形ラボ」というリモート拠点がありまして、そこで4人のエンジニアが働いております。 今回は その山形ラボで、...

10917612?v=4
roki1801
2017年10月10日